カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

会社案内

■ 会社概要

       商 号 :株式会社 石川酒造場

       創 業 :1949年5月

       代表者 :石川信夫

本社・工場所在地 :沖縄県西原町字小那覇1438-1

     事業内容 :泡盛・その他の酒類製造販売

            清涼飲料水の製造販売

      資本金 : 3、350万円 
      
     従業員数 : 23名


      


■ 会社沿革

1949年(昭和24年) 石川政次郎が那覇市首里寒川の地で創業

1959年(昭和34年) 合資会社石川酒造場設立

1972年(昭和47年) 石川信夫が2代目に就任

1973年(昭和48年) 黒麹菌が産生するクエン酸に着目し、泡盛蒸留後の酒粕 (カシジェー)
             を使った「もろみ酸」を開発し商品化

1990年(平成2年)  工場拡張のため西原町字小那覇に移転

1993年(平成5年) 株式会社石川酒造場に商号変更

1999年(平成11年) 創業50周年

2003年(平成15年) 泡盛・もろみ酢の商品企画、製造及び販売を対象に、
             品質管理の国際規格ISO9001:2000の認証取得

2005年(平成17年) 新工場落成

2005年(平成17年)  代表取締役社長石川信夫、各種賞受賞
              ・沖縄タイムス賞
              ・第一回日本ものづくり大賞
              ・旭日小綬章
              ・沖縄ビジネスオンリーワン賞

2008年(平成20年)   第26回全国酒類コンクール・泡盛部門1位・2位受賞

2009年(平成21年)   泡盛・もろみ酢の商品企画、製造及び販売を対象に、
               品質管理の国際規格ISO9001:2008の認証取得



創業者 石川政次郎(先代社長)は、琉球王朝時代に酒造りが認められた地域(首里三箇)に育ち、酒造りの技術を身につけ、奄美大島や石垣島にも技術指導に出向いていた。1935年、縁あって台湾に渡り専売局で酒造りに携わり、終戦後、沖縄に帰省した。
1946年に設立された沖縄民政府財政部が直接運営する5ヶ所の酒造元のうちの首里酒造所に勤務した。1949年に各酒造所が民営化された際、100軒近くの免許業者が生まれたが、その中の一人として石川酒造場を興した。1959年5月、合資会社石川酒造場となり、1972年8月、現社長の石川信夫が2代目に就任した。1993年12月、株式会社石川酒造場として商号を変更し、組織を拡大した。
本場泡盛の製造技法は、昔ながらの“甕仕込み・甕貯蔵”の伝統を受け継ぎ継承し続けている、県内唯一の蔵元である。